増え続けている「昔ながらの味を求めるラーメン難民」の救済の為に!

僕はラーメンが大好きです。週に何度でも食べたいくらい好きです。

でもラーメンと言っても色々な種類がありますね。

最近よく見掛けるのは、大量の油が浮いたラーメンです、時には行列が出来ています。

 

しかし僕はこれらのラーメンに違和感を感じています。

若者をターゲットにしているのでしょうか?何しろ豚骨やネギ油などでギトギトしています。健康志向でメタボリック症候群を気にしている中高年にまるで「挑戦状でもたたき付けている」かの様なラーメンの多いこと多いこと。しかも馬鹿高い!

僕は昔ながらのシンプルなラーメン、俗に言われる「支那そば」みたいなラーメンが好きなのです。

それは鰹出汁などの魚の出汁と昆布出汁が基本にあり、醤油は決して主張せず油はほんのりとスープに浮いている。

麺は黄色く若干太めの縮れ麺。それは程よい弾力があり、しかし決して固くない。

トッピングはナルトとシナチク(メンマ)出来るなら刻んだ長ネギが大量に載せられている。そして海苔とチャーシュー!

そのチャーシューは豚バラ肉を使い、油と赤身の部分が半々程の若干厚目に切られた物。

あぁそんなラーメンを探し続けているのです。

今回は僕のお気に入りのラーメン店、何と中央自動車道の初狩パーキングエリア(下り)のフードコートのラーメンをご紹介します。

その名も「初狩ラーメン」

 

それでは始めましょう。

 



中央自動車道でただ一つ、素晴らしい風景に出会える初狩パーキングエリア下り

初狩パーキングエリア下り(以下 初狩PA下り)は山梨県の大月市にあります。

下り車線なので当然都内から山梨、長野方面に向かう途中の中央高速道路の施設です。

高速道路の施設の順番で説明すると

東京の八王子JC→相模湖東出口相模湖IC→藤野PA→上野原IC→談合坂PA→大月IC→大月JC、そして初狩PAに到達します。

さて、この初狩PAを有名にしているのは、題でも書きましたが「中央自動車道でただ一つ、素晴らしい風景に出会えるPA」だからなのです。

それは下の写真を見て下さい!

この写真は僕が冬に初狩ラーメンを食べに行った時に撮影しました。

FujiFim X10

 

そう、美しい富士山の北東面が真正面に見えるのです!

この角度からの富士山が見られるのは、高速道路では多分この「初狩PA下り」だけだと思うのです!

この富士山を見てから食べる「初狩ラーメン」は美味しいですよ~。



初狩パーキングエリアで「初狩ラーメン」を注文する!

ではいよいよ初雁ラーメンを注文してみましょう。

先ず初狩パーキングエリアはトイレ・購買施設・フードコートからなる、かなり小さめのパーキングエリアです。

 

パーキングエリアは「トイレ購買施設フードコート」の順に並んでいて、正面入口は購買部の前にあります。

 

入り口を入ってすぐ右にお目当のフードコートが。しかしフードコートと言ってもテーブルが3つと長いカウンターで構成され、満員時には18人ほどしか利用出来ない小さなコーナーなのです。

 

さて、先程の購買施設から右に曲がるとすぐにフードコートの食券販売機が2台並んでいます。そこにはこんなポスターが!

 

一番人気の「初狩ラーメン」と並んで「あごだし初狩ラーメン」が紹介されています。

実はこの「あごだし初狩ラーメン」も絶品なのですよ!これは何れまた紹介させて頂きます。

しかし安いですよね~「初狩ラーメン」が580円、「あごだし初狩ラーメン」が650円なのですから。

 

いよいよ購入です。

食券販売機に1000円を投入、迷わず26番の「初狩ラーメン」のボタンを確実にプッシュ!

 

そして僕は...禁断の47番、ライス160円のボタンも素早くプッシュ!

 

そうやって無事にチケットを手に入れ、260円のお釣りを回収したのでした。

 

 

いよいよ初狩ラーメンとご対面!

初狩ラーメンとご飯の食券を手にした僕は、すぐに調理場に立つお姉さんに渡しました。

この日は時間が遅くお客はまばらだったので、僕は調理場に近いテーブル席をゲット出来ました。

テーブルには酢や醤油などの調味料が並んでいます。

 

水はセルフサービスです。

一枚のチケットをテーブルに置き、番号が呼ばれるのを心待ちにしていました。

 

183番の初狩ラーメンをお待ちのお客様~」その声は調理場から突然聞こえました。

僕は慌てて食券の半券を手に調理場のカウンターへ急ぎました。

そこには待ちに待った初狩ラーメンとドンブリinライス、そして大根の壺漬けが空腹の僕を待ち受けていたのです。

 

その場で胡椒を二振りしてから僕はラーメン達と共に席に戻りました。

「お久しぶり、元気だったかい?」僕は初狩ラーメンに心の声で話しかけました。

しかしいつ見ても本当に美味しそうな姿をしています。

 



いよいよ初狩ラーメンを食す!

調理場カウンターから持ってきた樹脂製の箸で初狩ラーメンを掬い上げます。

この麺の腰、この香り...口に入れた時の何とも言えない幸せな気持ち...これを求めてここまで来たのです。

 

ナルトはごくごく普通のナルト。グルグルしながら口の中へ!

 

脂身が程良くトロけたチャーシュー、口に含むと脂身の甘い味が口いっぱいに広がります。

 

このまま飲み込みたくないっ!その心の声に逆らう様に肉を喉に流し込みます。

う~ん、最高ですね!!

 

壺漬けはとても甘いのですが、歯応えしっかり。

ラーメンの箸休めには最高のコンビです。

 



最後の仕上げは...やはりラーメンライスしか無いっ!

麺と具を食べ終わり、丼の中にはスープが残っています。

そこでいよいよライスの登場です!

 

僕はレンゲでそのシンプルで、でも複雑な味のスープをご飯の上におもむろにかけ始めました。

この神聖な作業の次に待っている至福の時を満喫するために、淡々とレンゲを動かし続けます...

そして...うお~~~出来たぞ!

美味しいスープにだけ許されたこの素晴らしい食べ方を、僕は誰に感謝すれば良いのでしょうか?

 

僕はレンゲを使いそのスペシャルな食べ物をあっという間に完食しました。

 

おねいさん、今日も美味しかったですよ~!

 



食べれば分かる、初狩ラーメンの素晴らしさ。

初狩ラーメン、如何でしたか?

僕はこのラーメンを食べるだけの為に高速道路を飛ばします。その位に懐かしく素敵なラーメンなのです。

 

そんな初狩ラーメンも味が変わった時期がありました。その時の残念な気持ちは今も忘れられません、でも今は素の味に戻っています...良かった~。

この昭和にタイムスリップした「支那そば」の様な580円のラーメンが消えない様に、皆さん是非山梨県大月市の初狩パーキングエリア下りに行って初狩ラーメンを堪能してみてください。

きっと何度でも食べたくなりますよ。

初狩ラーメン、最高です!

☆ねわげ

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事