大量入手した信頼のMFI「アップル公式認証」取得済みFoxconn製ケーブル

iPhoneは毎年どんどんと進化しています。

昨年はiPhone12iPhone12 proiPhone12 mini5G対応の素晴らしい機種を発表したApple

 

充電方式は新しいマグネット式非接触型充電方式であるMagSafeを採用し、より使い勝手が良くなりました。

 

しかしMacWindowマシンとのデータ転送は相変わらずLightning(ライトニング)ケーブルを使用しなければなりません。

そこで今回はMFI認証済みのFoxconn製ライトニングケーブル」を大量に入手してみました。

 

それではレポート開始です。

価格が割と高めな純正ライトニングケーブル

いきなりですが、MagSafeの充電器は価格が割と高いですね。

その高価なMagSafeをいろいろな場所に設置すると言う訳にもいかないので、充電時には仕方なくライトニングケーブルを使わなければならない場面も多いと思います。

 

純正のライトニングケーブルが破損した場合は、1度だけ新しいケーブルを送ってもらえます。

しかしいざ自分で購入となると、純正ライトニングケーブルも割と高価なのですね。

 

車での移動時やMagSafeが無い場所などでの充電などを考えた時、純正ライトニングケーブルが1本だけではとても足りません。

 

現在は100均でもライトニングケーブルが売られています。

 

しかしそれらを使用してみると片面しか使えなかったり(純正ライトニングケーブルは表裏がありません)充電速度が遅かったりと、いろいろな問題が生じてきます。

 

そして一番の問題はiOSのシステムがアップデートされると、MFI認証されていないケーブルは使えなくなる」事が頻繁に起こるのです。

 

その点純正のライトニングケーブルは安心です。

しかし割高の価格を考えると、どうしても社外品のケーブルを選んでしまうのです。

CAMPFIRE

安価で安心なライトニングケーブル発見

今回入手したケーブルは長短合わせて合計10本。

僕がこのケーブルを選んだのには幾つかの理由があります。

・ケーブルが安価
・長さが数種類ある(30cm・1m・2m)
・MFI 認証取得
・信頼できるメーカーだった

以上4つです。

 

この中でこのケーブルを選んだ一番の理由は...「信頼できるメーカーだった」からなのです。

iPhoneと言えば思い浮かべるFoxconn

皆さんはFoxconnというメーカーをご存知でしょうか?

 

Foxconn社は台湾に本社を置き、工場を中国国内に持っている電子機器の受託生産企業です。

数年前にはシャープを買収したことでも知れられています。

 

なぜFoxconnのケーブルなのか?...と、思われる方が多いと思います。

 

実はFoxconnAppleと非常に親密な関係にある企業なのです。

(近年では両者の関係は少しずつ悪くなっているとも伝えられていますが)

 

Foxconn毎年製造されるiPhoneの実に60%70%を製造している企業です。

そんなFoxconn社製のライトニングケーブルって...これって純正品、または純正品と同等品と考えても良いかな!?と僕は判断したのです。

 



長さが選べる、Foxconn製ライトニングケーブル

前項でも書きましたが、今回レポートしているライトニングケーブルは3種類の長さがあります。

30cm1m2m3種類です。

 

僕は今回は30cm1本、1m6本、2m3本入手してみました。

しかも各ケーブルには3つ同時購入のセット価格がありますので、その分も若干安く入手出来ました。

 

ではそれぞれのケーブルを見ていきましょう。

30cmケーブル
こちらが30cmのケーブルです。
かなり短く感じますが、これは例えばカバンの中でモバイルバッテリーからiPhoneへ充電する時に役立ちます。

長いケーブルだと邪魔になりますから。
1mケーブル
これが1mのケーブルです。
この形状、見た事がありませんか?
実は僕はiPhone7を入手した時のケースをそのままにして保存していたのです。
もちろんライトニングケーブルも手を付けていませんでした。
並べてみると、ますますそっくりですよね。
そのケースに今回のケーブルを納めてみると...あらら!
これってまさに同じ物なのかな〜。
2mケーブル
最後は2mのケーブルです。
長いケーブルで流石に巻きが多いので、厚くなっていますね。
こんな長いケーブル、何に使うの?とお考えの方も居ると思います。
このケーブル、僕は車で使おうと考えています!
この長さなら助手席から後席まで、十分に届きますからね。
またコンセントが遠い場所にある場合にも長いケーブルがあれば余裕で充電できるとも考えたのでした。



備えあれば憂いなし。断線する前にライトニングケーブルをストックする

Foxconn製のライトニングケーブル、如何でしたか?

 

この値段で純正品に近い(純正品とは確認できていませんので)ライトニングケーブルが入手できるのは有り難いと思います。

 

 

MagSafeでデータの転送ができない現在では、パソコンとの同期には絶対にライトニングケーブルが必要となります。

 

安価で安心なライトニングケーブル、僕は断線する前に多めにストックしておこうと考えています。

 

また長さのバリエーションがあるので、用途に応じて使い分けようとも思います。

 

皆さんもFoxconn製のライトニングケーブルで安心を手に入れませんか。

ねわげ

今回レポートした製品へのリンク

こちらが今回入手した Foxconn製のライトニングケーブルです。

以下の画像をクリックして下さい。

ショッピングページ内で長さと本数を確認してください。


こちらは耐久性が高いAnkerのMFI認証済みライトニングケーブル3本セットです。

ライトニングケーブルはいろいろな種類がありますね。

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事