☆デジカメのデータが消失!でも慌てないでデータ復旧サービスを探してみよう。

寒さが緩み、いよいよ暖かくなってきました!皆さん如何お過ごしですか?

季候が良くなると出掛ける機会が増えてきますよね?

皆さんお出かけ前にはデジカメやスマホ、ハンディカムなどの準備をされている事と思います。

バーベキューや遊園地、旅先での楽しい思い出を記録した大切なSDカードやメモリスティック...でもその中のデータが突然消えてしまったとしたら皆さんどうしますか!!!

パソコンのスキルがある人でさえも大切なデータを全て救い出せる保証はありません。ましてや「撮影したらキタムラに直行!」などと言う私の友人達などは、データが消えたら多分諦めるしか方法が無いと思います。

フィルムカメラで撮影した写真なら、ネガが無くならない限りはスキャンすれば何とか復活できるのです。

しかしデジカメで撮影したデジタルデータは消えてしまったら二度と戻らないのです。

かく言う僕も6年分のデジタルデータが入ったHDDをクラッシュさせてしまい一時的にパソコン恐怖症に陥ってしまった事があるのです。

今回はある友人に起きた恐ろしい体験談を交えて「消失したデジタルデータの復旧への道筋」をお話したいと思います。


突然の事件発生!

僕の友人のO君(仮にO君と呼ばせて頂きます)はごくごく普通のサラリーマン、休日には妻と二人の子供への家族サービスを欠かさない良い旦那さんです。

ある日のこと、彼の妻からのある一言で事件が発覚しました...「あのね、先日撮影した子供の卒業式の写真が出てこないの...」実は彼の長男は、自分の卒業式の撮影に使ったデジカメをイタズラして何と全てのデータを消去してしまったのでした!!!

かれは唖然としました...妻に「子供には古いデジカメを使わせていたのに、何故新しいデジカメを触らせたんだ!」彼は声を荒げましたが後の祭り...彼が何度確認してもSDカードの中のデータは空っぽだったのです。

彼は途方に暮れました。そして僕のiPhoneから「セクシャルヴァイオレットNo.1」が流れたのでした。(この曲を彼からの電話のコール音に設定してあるのです。)

恐ろしい現実、高額な復元代金そして...

「もしもし...大切な相談があるんだけど、実はデジカメのデータが全部消えちゃってさ...どうしたらよいか分からなくて電話したんだけど。何とか元通りにならないかな?」

彼の声は心なしか震えていました。

さて、相談されたら(ほぼ)絶対に断れない性格の僕は早々ネットを調べ始めました。

SDカード 消去 復元」。

いや〜沢山出てきましたよ!「よりどりみどり、これなら簡単に修復出来そうだ〜」と小躍りした僕は検索結果の上位数件の中からHPが立派でいかにも頼りになりそうな会社の電話番号をメモし、それを友人に伝えました!

O君は「これで復元出来るんだね!有り難う、早々に電話してみます」と嬉しそうに電話を切りました。

僕は「また一つ善行を積んでしまった!!!」とウキウキ気分でベッドに入ったのでした。

しかし翌日またiPhoneから「セクシャルヴァイオレットNo.1」が。

「もしもし〜連絡取れた?」浮かれた声で話しかけた僕。

高い...高すぎて頼めなかったよ。」O君は沈んだ声でポツリと呟きました。

異様に高い修復料金...払えないよ〜こんな金額

O君が驚くのも無理はありませんでした。

彼は直ぐにその会社に電話したのです、そして僕が教えた通りに「SDカード、16GB、フォーマットしていない」と伝えたそうです。

その会社の担当者はO君に「最低で3万円からです。状態によっては30万円ほどかかる場合もあります!」と淀みなくスラスラと応えたそうです。

当然O君は「わ...分かりました。家族と検討してみます」と言って電話を切らざるを得なかった...と悲しげな声で話してくれました。

う〜このままでは終わらせない!!!

僕は直ぐに行動を始めまし......あれ?

そういえば以前、他の友人のメモリスティックが破損した時にデータを復旧してくれた会社があったはずだよな!

iPhoneや鍵を置いた場所を忘れまくって「TileMate」「Nut mini」に頼らなければならないほど物忘れが激しい僕の脳の奥で何かがきらめいた瞬間でした!

救世主降臨、株式会社PCアシスト!

僕のつたない記憶を辿っていくと...思い出した〜あの会社名は株式会社PCアシストさんだ!

株式会社PCアシスト(以下PCアシスト)さんとの出会いは数年前でした。

僕の友人がノートPCで作業をしていたのです、そのPCはUSBのスロットが左右に付いているタイプでした。

誰かからの電話が鳴り友人が立ち上がったその瞬間に事故は起きました、彼は何と自分の足でUSBメモリを蹴ってしまったのです!

僕はそのUSBメモリを見せてもらって唖然としました、なんと中で基盤が折れかかっていたのです!

流石にこれでは...「駄目でしょ」と言いかけたのですが、以前どこかで「折れてしまったメモリスティックが直った!」と言う話を小耳に挟んでいたのです。

そしてダメ元と諦めかけながらも検索しまくり、出会ったのがPCアシストさんでした。

連絡して直ぐに折れかけたメモリスティックを送ったのですが、何と翌々日には壊れたメモリスティックと、その中から抽出したデータが入った新しいメモリスティックが戻ってきたのでした。

僕は直ぐにPCアシストさんに電話しました。

僕:「実はSDカードのデータが消えてしまったのです。容量は16GBで写真データです。フォーマットはしていないと思いますが、この状態からのデータの復旧をお願い出来ますか?」

PCアシスト:「分かりました、16GBのSDカードですね。フォーマットしていないのなら送って頂いた当日に作業は終わると思います。」

とのこと。

僕:「因みにお幾らかかりますか?実は昨日電話した会社では最低3万円、場合によっては30万円かかるかもと言われたのです!」

PCアシスト:「...今回の症状では大体****円、高くても*****円で出来ると思いますよ。」

わ〜〜〜〜もっと早くにPCアシストさんを思い出しておけば良かった!と反省しきりの僕でした。

でも安すぎて大丈夫ですか〜PCアシストさん!!!


無事に戻ったデジカメの写真データ

O君からSDカードを預かり、その日のうちに宅急便にてPCアシストさんに送りました。そして翌日電話が鳴ったのです。

PCアシスト:「データは全て復旧出来ました!800枚ほどでした。代金はコンビニ払いの用紙を同梱しますので宜しくお願いします」と伝えられました。

早い!安い!!!凄い!!!!!

左が今回データ消失事件を起こしたSDカード、右はPCアシストさんが復旧したデータが入ったUSBメモリです。USBメモリの値段も請求の中に含まれているのでした。

 

株式会社PCアシストさんありがとうございました!この場を借りて厚く御礼申し上げます。

株式会社 PCアシスト
〒289-1226
千葉県山武市横田948-3
電話/FAX 0475-77-7447
IPフォン 050-1205-3827
営業日 月〜金曜 9:00〜18:00 土日祝日休業
URL   http://www.pc2.jp

と言う訳で今回の騒動は無事解決したのでした。

ところでO君はとても喜んでいたのですが、一つ気にかかる事が有ると言いました。実はO君は自分では800枚も撮影していないと言うのです!

「自宅に帰ってからパソコンでデータを確認して子供達に厳しく質問を...」と言いながら帰ったのでした。おしまい!

☆ねわげ

SDカードは大容量が良いですよね!

USBメモリは小型の物だと足が引っかかりませんね!

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事