iWALKのLink Me WatchはApple Watchへの充電機能を搭載したモバイルバッテリー

Apple製品はとても便利ですね。

僕は生粋のAppleユーザーです、Macintosh Plusの時代からどっぷりハマっています。

 

さて、便利と言えばApple Watch

 

一度使うと手放せなくなる逸品です。

 

Apple Watchはこちらです。

僕はApple Watchは常に携行しているのですが、怖いのが出先でのバッテリー切れです。

 

iPhoneならばモバイルバッテリーとケーブルを持っていればカバンの中でも充電出来るので、全く問題無いですね。

 

Apple Watch先日紹介した充電アダプターまたは純正のケーブルを携行していれば大丈夫。

 

でもそのアダプターを忘れたとしたら...それにこれらのアダプターはカバンの中ではマグネットが弱くて安定して充電が出来ない考えるだけでも恐ろしい事態です。

 

そこで今回はiPhoneApple Watchも安心して充電出来るiWALKのモバイルバッテリーLink Me Watchをレビューしたいと思います。

注意
今回紹介するiWALKのLink Me Watchは、残念ながら以下のApple Watchには対応していません。
(充電出来ません)
・Apple Watch Series 7
・Apple Watch Series 1
先程近所のヨドバシカメラにて確認してきましたが、やはりSeries 7には充電出来ませんでした。
展示してあったApple Watch SEでは問題無く充電出来たのですが...。
ご自分のApple Watchが該当製品であるかを必ず確認してから入手してください。
Apple Watch series 7に対応したモバイルバッテリーは以下になります。

Apple Watch series7はこちらです。

 

Apple Watch SEはこちらです。



気を抜いたら大変...毎晩充電を忘れられないApple Watch

Apple Watchは非常に高機能です。

しかしその代償としての一日1回の充電が必要になりますが、それを忘れると大変な事になります。

 

上にも書きましたが、その対応策としてモバイルバッテリーとApple Watchの充電アダプターまたはLightning充電ケーブルを持ち歩けば良いのです。

Apple Watch専用の充電アダプターAnker A88030Z1YOFITAR XDR-W04の記事は、以下の写真をクリックして下さい。

 

しかし小型のアップルウオッチ充電アダプターをモバイルバッテリーやUSB充電器で使用する場合はiPhoneと同時の充電が出来ません...複数のUSBのコネクタの配置が近かったりアダプターがかなり大きいので他のケーブルを挿せない場合もあるのです。

しかもこの形状のアダプターは、平らな場所に置いて使う事が条件となります。

 

その問題を解決してくれたのが今回入手したiWALKLink Me Watchです。

 

Link Me Watchは一見コンパクトな形状をしていますが、バッテリーの容量も大きく、かなり優れたモバイルバッテリーです。

 

次項ではLink Me Watchの詳細を見ていきましょう。

iWALK Link Me Watchの仕様

今回もLink Me Watchの仕様の一覧表を貼ります。

メーカー名 iWALK
製品名 Link Me Watch
製品型番 DBL9000W
バッテリー容量 9000mAh 3.7V / 33.3Wh
入力 USB-C Port 5V / 2A

Lightning Port 5V / 1.5A

出力 USB-C Port 5V / 2A

Lightning Cable 5V / 2A

Apple Watch Wireless Charging 3W

サイズ 99×59×30.5
重量 195g

以上です。

写真で見るLink Me Watch

ではLink Me Watchを写真で見ていきましょう。

 

まずはパッケージです。

白を基調にした美しいデザインが施されていますね。

 

Link Me Watchの全ての内容物です

 

本体です。

僕はブラックモデルを選択しました。角丸で持ちやすい形状をしています。

本体の上面(底面?)にバッテリーの電源ボタンがあります。

このボタンを押すと同時に正面にある3つのLEDが点灯し電源が入り、ボタンを長押しする事でシャットダウンします。

そしてその3つのLEDの点灯数でバッテリー残量が表示されます。

またこの電源スイッチのダブルクリックで低電流充電モードに入ります。

この低電流充電モードに入ると3つのLEDは左から右に流れる様に光ります。

低電流充電モードとは
小さなヘッドセットなどを充電するときに使うモードです。
バッテリーによっては低電流で充電していると、勝手に充電を遮断してしまう場合があります。
この現象を回避する為の低電流充電モードです。

本体中央部にはApple Watch充電用の丸いトレー部分がありますね、この丸いトレーの上にApple Watchを載せると充電が始まります。

 

何とバッテリー本体にiPhone専用にLightningケーブルが内蔵されているのです。

 

以下の写真はケーブルの取り出し方法です。

 

動画はこちらです。

 

iWALKと言うメーカー名を調べると、どうやらAppleへの対応製品をメインに商品展開をしているみたいですね。



Link Me Watchへの充電と他のデジタルガジェットへの充電。

ではLink Me Watch本体への充電端子と、それぞれのガジェットへの充電端子をみていきましょう。

 

Link Me Watchへの充電口は2箇所あります、USB-C端子と何とLightning端子です!

 

しかもUSB-C端子は充電と出力を兼ねています。

 

つまりiPhonのユーザーはUSB-CケーブルかiPhone充電用のLightningケーブルを使ってLink Me Watch本体に充電する事が出来るのです。

 

これはiPhoneのユーザーには嬉しいサプライズなのです

 

ではUSB-C端子を使ってLink Me Watchを充電してみましょう。



・マルチプロテクション機能

iWALKのLink Me Watchにはマルチプロテクションと言う安全回路が内蔵されています。

マルチプロテクションとは
マルチプロテクションとは過放電、過充電やショートを避けるように安全回路設計されており、発熱時、ショートや過負荷が発生した場合には充電が自動停止停止します。

長時間安心して使えるのも嬉しいですね。

Link Me Watchからガジェットへの充電

このiWALKLink Me Watchは満充電でApple Watch20回、またはiPhone 12に約2回フル充電できます。

 

では実際にLink Me WatchApple Watchを充電してみましょう。

 

電源スイッチを押してApple WatchをLink Me Watchのトレーに置くだけで充電が始まります。

その時に3つのランプの中央のLEDがグリーンに変わり、Apple Watchが充電中である事を知らせます。

次にiPhoneを充電してみます。

Link Me Watchに内蔵されたLightningケーブルを取り出してiPhoneに接続、Link Me Watchの電源を入れたら充電を開始します。

 

Apple WatchiPhoneを同時に充電してみましょう。

2つのガジェットに同時に充電されています。

 

前項で書いた様にLink Me Watchをパススルーモードで使わなければ、何とApple Watch1台のiPhone1台のガジェットを同時に充電出来ます。

 

以下の写真ではApple WatchとiPhone、そしてDJI mini2のバッテリーパックを同時に充電しています。

 

以下を見てください。

Apple WatchをナイトスタンドモードにしてLink Me Watchに巻き付ければ、充電しながら時間を確認することも出来ます。

 

以下は巻き方の動画です。



・パススルー充電機能

このLink Me Watchはパススルー充電に対応しています。

パススルー充電とは
パススルー充電とはモバイルバッテリーLink Me Watch本体を充電しながら、同時にApple WatchやiPhone/スマホなどに充電出来る機能です。
(ただしパススルー機能を使う為には5V / 2.0A以上を出力出来る充電器が必要になります。)

つまりLink Me Watch本体を充電しながら(パススルー機能)を使ってガジェットなどに充電する場合、Apple Watch」「iPhone」「USB-Cに対応したガジェット」の内のどれか2台が同時に充電出来るのです。

 

(Link Me Watchを充電する為にはUSB-C端子またはLightning端子をのどちらか一つを使わなければならないので、3つ同時には充電出来ませんね。

 

下の写真ですが、別の充電器から白いUSB-CケーブルでLink Me Watch本体に充電しながらApple WatchとiPoneに同時に充電しているのです。

iWALKのLink Me WatchはApple WatchとiPhone同時使いの救世主!

皆さんiWALKLink Me Watchは如何でしたか?

 

僕は2つの機能が特に気に入りました

・本体内にLightningケーブルが内蔵されている点。
・Apple Watchのバンドの形状にもよりますが、Link Me WatchにApple Watchを巻き付けて充電出来る点。

 

特に2つ目のLink Me WatchApple Watchを巻き付けて充電出来る機能」は、Apple Watchをカバンの中で安心して充電出来る非常にありがたい機能です。

 

Apple WatchiPhoneユーザーの皆さん、このiWALK Link Me Watchで快適なデジタルライフを送りませんか。

ねわげ

今回紹介した製品へのリンク

こちらが今回紹介したモバイルバッテリーiWALKLink Me Watch ブラックモデルです。

こちらはiWALK Link In Watchのホワイトモデルです。

こんな形のApple Watch専用モバイルバッテリーも有ります。


こちらは超小型のApple Watch充電器。

かなり小さいので、本当の意味での緊急用だと思います。


以前紹介したApple Watchの充電アダプターです。

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事
読まれている記事