☆骨伝導ヘッドセットBearoam Z8はTREKZ TITANIUMを超えるのか?


僕は以前、Bluetooth 骨伝導ヘッドセット「AfterShokz TITANIUM AS600」を紹介致しました!

「TREKZ TITANIUM」は非常にスマートで高性能、しかも代理店からの購入ではなんと2年もの保証が付いていると言う素晴らしい商品でした。

今回Amazonのタイムセールで「Bearoam Z8」と言う非常に安価なBluetoothヘッドセットを入手する事が出来ました。

Bearoam Z8」の値段は「TREKZ TITANIUM AS600」の約半分弱...非常にコスパが高いのです!しかし肝心の性能はどうなのか、とても気になるところです。

今回は実際にZ8とAS600を使い比べてレビューしたいと思います。

 

1つ気になった事が...Amazonで「骨伝導ヘッドセット」と検索すると、この「Bearoam Z8」とそっくりの形状でスペックも同じ物がメーカーと型番違いでいくつも出てくるのです。

僕はこれらを「OEMで同一製品を販売している」とみなしていますので、その様にご理解ください。


Bearoam Z8とは?

「Bearoam Z800」とはiPhoneなどにBluetoothで接続するワイアレスのヘッドセットです。

しかしこの製品は「骨伝導Bluetoothヘッドセット」というジャンルに属しています。いわゆる「耳穴を塞がない」「骨に振動を伝えて音を認識させる」という製品です。

このジャンルで有名な物は、僕が以前紹介した「AfterShokz TREKZ TITANIUM AS600」などがありますが、今までの製品はバッテリーや音響装置がコンパクトになればなるほど高価でした。

今回発見した「Bearoam Z800」は程々にコンパクトでありながらも非常に安価である事が最大の特徴になります。

Bearoam Z8の詳細情報

それでは2つの商品の詳細を比較してみましょう!

メーカー名 Bearoam AfterShokz
メーカー型番 Z8 Trek Titanium AS600
型式 骨伝導Bluetoothヘッドセット 骨伝導Bluetoothヘッドセット
充電接続方式 USB (Micro USB) USB (Micro USB)
グレー Green、Gray、Blue
サイズ (実測値) 141mm × 114mm × 55mm 141mm × 108mm × 51mm
重量 (実測値) 37g 36g
伝送距離 約10m 約10m
通話時間 約6時間 約6時間
音楽再生時間 約6時間 約6時間
スタンバイ時間 (待ち受け時間) 240時間 240時間
充電時間 2時間 1.5時間
Bluetoothバージョン 5.0 4.1
バッテリー容量 200mAh -
防水規格 IP55 IP55
ノイズキャンセル DSP騒音抑制技術 Dual noise cancel microphone
ガイド音声 英語 英語
その他 - EQプリセット(2モード)
保証期間 1年 2年(正規代理店より購入)
付属品 Micro USBケーブル

イヤープラグ(耳栓)

説明書

Micro USBケーブル

FitBands(サイズ調整用)

イヤープラグ(耳栓)

専用ポーチ

説明書

以上メーカーの仕様書などより抜粋。

比べてみた感じでは両者ともスペック上での性能は殆ど一緒と言えると思います。

Z8のBluetooyh転送方式が(Bluetooth5.0)になっていますね!AS600はEQ(エコラーザー)が2モード有ります。

またAS600は正規代理店から購入の場合は2年間の保証が付いています。

Bearoam Z8とAS600を写真で比べてみよう!

では「Bearoam Z8」と「AfterShokz TREKZ TITANIUM AS600」を写真で比べてみましょう。

先ずは上から見てみましょう。

写真の撮影が下手だったので分かり難いですが、両者とも非常に形が似ています。

ヘッドバンドには両製品共に「Ti」(タイタニウム)が使われているという事ですが、どちらも非常に柔軟です。

ただ「Bearoam Z8」のヘッドバンドは「TREKZ TITANIUM AS600」と違ってシリコンに包まれていません。こういう部分が値段の差に表れているのかも知れません。

 

次はサイドから比べてみます。

これは両者は全く逆の構造をしていますね!「Bearoam Z8」は装着するとバンドの後方が上方に跳ね上がった形状をしていますが「TREKZ TITANIUM AS600」は装着時は下方の襟元に伸びて行く状態になるのです。

これは例えばヘッドセットを装着したまま枕を使って仰向けに寝転んだ時に「TREKZ TITANIUM AS600」はツルが首方向に逃げるので装着したままでも余り違和感を感じませんが、「Bearoam Z8」は構造上ツルが後頭部のほぼ中央に来てしまうので違和感を感じてしまうのです。

しかしこのヘッドセットをしたままで寝転ぶ人は殆どいないと思うので、これrは取り越し苦労かも知れません。

(僕は約1年半の間「TREKZ TITANIUM AS600」を入浴時と寝る時以外は装着していたので、時々こういうシチュエーションになってしまうのでした。

 

こうやって並べると違いがよく分かりますよね!

2製品は全く形状が違うのです。

 

ボタンの配置などを比べてみましょう!

ボタンの配置はほぼ逆になっています。

「Bearoam Z8」は顔側から「LEDランプ」「電源ボタン」「音量マイナス(1曲戻し)ボタン」「音量+(1曲進め)ボタン」「USB充電コネクタ」となります。

TREKZ TITANIUM AS600」はこの写真では逆になっていますが、顔側から「LEDランプ」「音量+(1曲進め)ボタン」「音量マイナス(1曲戻し)ボタン」「USB充電コネクタ」となります。また電源ボタンは「音量+(1曲進め)ボタン」の長押しで「On-Off」となります。

ペアリングは「TREKZ TITANIUM AS600」は電源投入時にボタンを長押ししてペアリングモードに入りますが、「Bearoam Z8」は下記のマルチファンクションボタンを押す事でペアリングモードに入るのです。

 

次は左右から見てみましょう!

先ず左側には両者共に大きめのボタンがあるのです。このボタンはマルチファンクションになっていて「着信応答、切断」「音楽の再生開始、停止」が出来るのです。

そして右側には両機種共にマイク穴が見えますね!「Bearoam Z8」はTREKZ TITANIUM AS600」よりも穴がかなり小さいですが、音声は問題無く拾えます!(検証済み)

ペアリングですが「TREKZ TITANIUM AS600」は電源投入時にボタンを長押ししてペアリングモードに入りますが、「Bearoam Z8」はマルチファンクションボタンを押す事でペアリングモードに入るのです。

 

装着感ですが、「Bearoam Z8」も「TREKZ TITANIUM AS600」も付けていても殆ど気になりません!両機種共非常に上手く設計されていると思います。

 

問題は音声です。

先ずノイズキャンセルですが、音楽が流れる部屋にて受信通話テストしたところ、相手には「Bearoam Z8」「TREKZ TITANIUM AS600」共に音楽が声の後ろに若干下がる感じでちょっとだけ効果を感じられました。いずれにしてもノイズキャンセルには殆ど期待しない方が良さそうです。また相手からの音声は、当然ノイズキャンセルの対象になりませんのでお間違いなく。

また、マイクの感度は「TREKZ TITANIUM AS600」の方がかなり良くて「Bearoam Z8」は音の拾いが悪く、自分の声が相手に聞き取りにくく感じました。

 

音漏れです。

骨伝導ヘッドセットはイヤホンとは違って耳の穴にイヤーチップは入りません、ですから当然電話の向こうの相手の声は余り大きく聞こえません。従って音楽を聴く時にはボリュームを上げがちになるので音漏れはあります!それもかなり大きなレベルで音漏れします。これは構造的に仕方ないと考えられます。ただ、会話は何故か割と音が漏れないのです。

両機種共に聞き取りサポートサポートの為にイヤープラグ(耳栓)が付属します。両メーカーとも外部の音を遮断した方が良いと考えている証拠だと思います。

Bearoam Z8の検証まとめ!

この骨伝導ヘッドセット「Bearoam Z8」は「AfterShokz TREKZ TITANIUM AS600」と比べても基本的な性能は余り変わらないと思います。しかし細かい点ではやはり高額な「AfterShokz TREKZ TITANIUM AS600」が上だと思える事がありました。

しかし「Bearoam Z8」は 価格が「TREKZ TITANIUM AS600」の半分以下なので、取り敢えず骨伝導ヘッドセットを使ってみたい人にはかなりお勧めだと思います!

と言うか値段を考えると「Bearoam Z8」は普段使いには最適かも知れませんね。

皆さんもこれを機会に是非骨伝導ヘッドセットデビューしてみては如何でしょうか!

☆ねわげ

「Bearoam Z8」はこちらから購入出来ます!

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事