Apple Watchにいつでも充電ができるコンパクトなアダプターは超便利。

Apple Watch、便利ですね〜僕も Series を毎日活用しています。

 

自分のバイタルを測定したり道案内してくれたり、デジタルマネーを支払ったり改札を抜けたり...と毎日僕をサポートしてくれるのです。

 

とても便利なApple Watch、その最大の短所は「バッテリーの持ちが良くない」と言うことに尽きます。

 

そして充電ケーブルを忘れた出張先でのあの脱力感。

 

今回はそんなピンチに活躍してくれる、Apple Watchの充電アダプター2機種を紹介します。

Apple Watchの特殊な充電アダプター

Apple Watchには専用の充電ケーブルが付属してきます。

 

この写真をご覧ください、丸い部分から長いケーブルが生えていますね。

これがApple純正の充電ケーブルです。

 

さすがに純正だけあって、かなりしっかりと作られています。

 

しかしこの様に一度充電台に装着してしまうと、持ち運びには少し嵩張るのです。

因みにこの充電台はとても使い易いですよ。

 

少しでもコンパクトに持ち運びたい人向けに、純正ケーブルを納めるこんなケースもあるのです。

 

これらのケースはいずれも純正の充電ケーブルを使います。

と言う事は、これらのケースを使う時には純正充電ケーブルを自宅の定位置から外さねばなりません。

 

しかしApple Watchには純正ケーブルが1本しか付属しません。

 

ケース用に充電ケーブルをわざわざ買い足すことも考えなければなりません...でも純正ケーブルは案外高額なのですよね〜これが。

AnkerとYOFITARのコンパクトな充電アダプター

いよいよ本題です。

 

僕は純正の充電ケーブル以外の、もっとコンパクトな充電アダプターを探していました。

 

すると直ぐに見つかりました、評判の良い2製品を発見したので早々に入手してみました。

 

一つはモバイル製品で有名なAnker A88030Z1です。

 

もう一つは高評価がつけられていたYOFITAR XDR-W04です。

 

次項では、AnkerとYOFITARの2機種を写真で比較しながら紹介します。



写真で見るAnker A88030Z1とYOFITAR XDR-W04

先ずはパッケージ正面です。

 

Ankerは相変わらずひとめで分かるカラーリングですね。

YOFITARも黄緑色を配した爽やかなイメージのパッケージです。

 

パッケージ背面です。

 

中身を出してみました。

Ankerはプラケースに、YOFITARは硬質のスポンジに収められています。

 

2機種の内容物です。

Anker A88030Z1です。

 

YOFITAR XDR-W04です。



 

本体を比べてみましょう。

 

Ankerのカラーはこの1種類しかありませんでした。

YOFITARは白と黒がありましたが、カバンの中で見つけ易い白を選びました。

 

両機共に充電面は白です。

 

背面です。

Ankerはガンメタルで、YOFITARは白。

と言うかYOFITARのホワイトモデルは全体が真っ白なのです。

 

USBのキャップ、Ankerは硬質で取り外し式。

 

YOFITARはシリコン製で本体と細いシリコンケーブルで繋がっています。

 

YOFITARのコレは良い仕組みですね〜これだとUSBのキャップを無くしませんからね。

 

YOFITARには充電面側に革のタグが付いています。ここにキーホルダーを付けたら持ち運びに便利そうです。

 

USBコネクタは両機種共にUSB-Aが選ばれています。

(Anker A88030Z1には、コネクタの形状がUSB-Cのモデルもあります。)

 

USBのコネクタ内部を見てみましょう。

 

Ankerは普通のUSB-Aタイプです。

 

ところがYOFITARのUSB-Aは、上下どちら向きでも挿せるようになっているのです!

 

これはとても素晴らしい仕様だと思います。

 

YOFITARがUSBコネクタに上下逆でも挿せるのを、動画で確認してみましょう。

IMG_5928

2機種の出力チェック

では純正の充電ケーブル、そしてAnkerYOFITARそれぞれの出力を計測してみます。

 

充電器はAnkerの5つ口のコネクター「Anker PowerPort Speed 5」です。

 

 

充電器に計測器を挿し、そこに純正ケーブルとAnkerYOFITARそれぞれを挿します。

そしてApple Watchを実際に充電しながら順番に計測し、その動画を撮影しました。

 

以下で動画を説明します。

Apple純正ケーブル

最初は5.12V / 0.23Aが出ています。しかし暫く経つと何故か0.12A前後まで落ちてしまいます。

そのまま30秒程過ぎた辺りからまた上昇し始め0.28Aまで上昇し、そのままずっと安定して充電を続けていました。

Anker A88030Z1

Anker A88030Z1は乗せて直ぐに0.12A辺りをウロウロします。

30秒程経つと数値が急に上昇し、5.09V / 0.33Aで安定して充電していました。

YOFITAR XDR-W04

YOFITAR XDR-W04は乗せた瞬間から数値が0.26A位まで跳ね上がります。

しかしその後は0.20A辺りを上下するのですが、数値は中々安定しません。

大体0.21A前後で充電を続けていました。

どうやらAnkerが高出力で安定しているので、一番早く充電できそうです。



モバイルバッテリーでいつでも充電!

コンパクトな2機種ですので、勿論モバイルバッテリーに挿してApple Watchを充電することが出来ます。

 

こちらのモバイルバッテリーは「Anker PowerCore 10000 Redux」と言うモデルです。

 

Apple Watchの全ての充電アダプターは、充電面に磁石が内蔵されていてApple Watchをしっかり充電することが出来ます。

 

またパソコンのUSBコネクタにも挿せますので、仕事をしながらちょっと充電と言う使い方もできますね。

コンパクトなApple Watch充電アダプターでいつでも安心。

Apple Watchの充電アダプターAnker A88030Z1YOFITAR XDR-W04いかがでしたか?

 

コンパクトなApple Watch用の充電アダプターは出張時だけでなく、ちょっとしたお出掛けにも携行できる安心ガジェットです。

ともすれば充電を忘れがちなApple Watch...しかしこのガジェットとUSBの充電環境があれば、いつでもApple Watchを充電する事ができるのです。

 

とてもコンパクトなApple Watch充電アダプターAnker A88030Z1YOFITAR XDR-W04。

 

皆さんも是非一つカバンに入れて持ち歩きましょう。

ねわげ

今回紹介した製品へのリンク

こちらが今回紹介したAnkerA88030Z1です。

こちらはYOFITAR XDR-W04です。

今回使用したAnker製の充電器Anker PowerPort Speed 5です。

こちらはモバイルバッテリーAnker PowerCore 10000 Reduxですが、品切れなので姉妹品のリンクを貼ります。

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事