脱砂糖を目指して...健康的なフルーツジェラート「ヨナナス」は如何ですか?

暑い夏がやっと終わったと思えば秋の長雨が続きます。

皆さんはどうやってこの蒸し暑さを乗り切りますか?

僕はそんな時に「美味しいジェラートがあったらな〜」...と考えてしまいます。

ところで僕は数年前に、とあるキッチン用の機械を入手しました。

その名は「ヨナナスメーカー」!その名の通り「ヨナナス」を作る機械なのです。

このヨナナス...実は暑い夏だけでは無く、1年を通して健康的なジェラートを提供できるのでは無いかと考えているのです。

と言う訳で、今回はドールの「ヨナナスメーカー」のレポートをしたいと思います。

 



フルーツジェラート「ヨナナス」とは?

暑い日中にエアコンの効いた部屋で...また暖かいこたつの中で冷たいアイスクリームを食べる至福の瞬間ですよね。

しかしそのアイスクリームの中には健康を損なう物が大量に混入されていますその名は「砂糖」!

現在「砂糖」は健康の大敵として目の敵にされています。僕も甘い物が大好きなので「危険だ」と言われながらも甘い物に手が伸びてしまうのですが...。

そこで登場するのが「ヨナナス」です!

「ヨナナス」とは凍ったフルーツや野菜を使って作る新感覚のデザートのことです。

そしてそれを作る機械の事をヨナナスメーカーと言います。

ヨナナスはバナナで有名な「ドール・フード・カンパニー」が販売しています。

このブログは「ホビー生活」なので、この記事は関係ないかな~とも思ったのです。

でも料理が趣味の方もいらっしゃるかと思ったので書いてみました。

 



ヨナナスメーカーの仕組み

ヨナナスは簡単に言えば「凍らせてちょっと溶かしたフルーツをゆっくり擦り潰して作るジェラート」です。

でもあまりカチコチに凍らせたフルーツは使えません。

僕は一度凍らせたバナナや桃を一度冷蔵庫に入れてしばらく放置...少しだけ柔らかくなったらヨナナスメーカーに投入しています。

僕が使うフルーツはバナナ、桃、ベリー類、キウイフルーツ、ブドウなどです。

林檎や梨などのシャキシャキしたものやスイカなどの味の薄いフルーツは避けています。

また、ミカンなどは薄皮を剥くのが面倒なので使っていません。

ではヨナナスメーカーを見ていきましょう!



ヨナナスメーカーの外観

先ずはヨナナスメーカーの外観から見ていきましょう。

ヨナナスメーカーは縦に長い構造をしています。

これはドールがバナナをヨナナスにするという前提の元、この上に伸びた長い筒からバナナを押し込みやすいように設計したようです。

 

本体は写真の様に黒い部分と銀色の部分に分割されます。

銀色の部分はモーターが入った動力部、黒い部分はバナナなどを粉砕するユニット部分になります。

 

正面から見て左側にスイッチが配置してあります。

 

銀色と黒い部分の連結部はロック機構と安全装置が付いていて、粉砕部を装着後反時計方向にガチッと言うまで回さないと機械は動かないようになっています。

 



ヨナナスメーカーの内部構造

ヨナナスメーカー派非常に単純な構造をしています。

投入口兼排出口と押し込むための棒、素材を擂り下ろす刃、パッキンとパッキン抑え...そそてモーター部です。

以下はモーター部以外を分解してみた写真です。

 

まずは投入口兼排出口です。

ここは多分ABS樹脂で出来ています。ドールが開発した製品なので、投入口は非常に長く、バナナが1本余裕で入るように設計されています。

また長い棒はバナナやベリーなどを奥まで押し込む為に非常に長く作られています。

下は円錐形になっていて、ここに擂り下ろし刃が収まります。

また円錐部分の淵にスリットが切られていて、ここから擂り下ろした素材が出てきます。

 

次は擂り下ろし刃です。

見ての通り円錐形で、60度ごとにギザギザの刃が装着されています。

これがゆっくりと回転して凍った素材を擂り下ろしていくのです。

数年間使い込んでいるので、刃の周辺が少し汚れています。

下から見ると六角形の部分が見られますが、ここにモーター部の凸部が収まり刃を回転させるのです。

 

その刃を長い筐体に収め、シリコンパッキンを載せたフタを閉めると粉砕部の完成です。

 

では一度作動させてみましょう!

動画をご覧下さい、かなり派手な力強い音が聞こえると思います。

ちょっとうるさいですね...。

 



実際にヨナナスメーカーを使ってみよう!

では実際にヨナナスメーカーでバナナのヨナナスを作ってみましょう!

まず安いバナナを入手する。(超高級バナナでも問題ありません)

僕が入手したのはかなり黒くなり始めて割引販売されていたバナナです。

その皮をむいてジップロックなどに入れたら冷凍庫に数時間入れて凍らせます。

左端が冷凍庫から出した物です、バナナがかなり黄色くなっていますね。

 

いよいよヨナナスメーカーの出番です。

実際にヨナナスがヨナナスメーカーから作られるところを動画でお見せします!

 

凍ったバナナは非常に滑りやすいです。

しかも今回の動画撮影の為に計量カップを使用したので、ヨナナスメーカーの下をかさ上げしていますお陰で本体が安定しませんでした。

でも出来たヨナナスはとてもクリーミーで冷たくて、何しろ甘いのです。

健康的なジェラートの完成です!

 



ヨナナスメーカーまとめ

ドールのヨナナスメーカーは安価ですが非常に簡単に、しかも安全なジェラートを作る事が出来ます。

今回はバナナだけでしたが、桃やブドウを凍らせたりスーパーマーケットなどで売っている冷凍のベリーを使うとより美味しいヨナナスが出来るのです。

また最後に生クリームを懸けてよく混ぜるとフルーツ風味のアイスクリームに早変わりします!

皆さんも是非、健康的なヨナナスメーカーで家族との素敵なデザートタイムを楽しみませんか。

 

ヨナナスメーカーのバージョンアップ版が販売されています!

このモデルは以下の特徴が有るようです。

● 艶やかな光沢をまとったスタイリッシュデザイン。
● 強力駆動の新パワフルモーター搭載。
● 連続10分の長時間使用が可能。
● 気になるモーターの動作音を抑制。
● 2年保証で安心のアフターサービス。

以上の様に旧モデルの問題点が殆ど改良されています。中々魅力的ですよね!

☆ねわげ

こちらが今回紹介したヨナナスメーカーです。

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事