AnkerのPowerExpandはiPad mini6をパソコンに近付けられるのか?

前回のブログ大人気、小型軽量のiPad mini6を使い倒す為に準備する事。(本体をガードする編)は読んでいただけましたか?

 

今回は今注目されているUSB TYPE-C HUBを入手し検証してみました。

手に入れたのはAnker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD Ethernet HUB (AK-A83650A1)です。

では早々に検証していきましょう。

現在iPad mini6amazonのタイムセールにてセール価格で販売中です。
以下の写真をクリックすると、販売ページに飛びます。



USB Type-C HUB(Dock)はどう使う?

今回紹介するUSB Type-C HUBDockはどんな時にどの様にして使うのでしょうか?

 

USB Type-C HUBDockMacBook AiriPad ProなどのUSB Type-Cコネクタを有するパソコン、タブレットまたはスマホに拡張性を持たせる為に利用します。

 

例えばMacBook Airの接続コネクタはUSB Type-Cが何と2ポートしか存在しません!

 

そしてType-Cポート1つを充電ユニットに繋いでしまうとポートの残りは1箇所。

これではHDDUSBメモリ、スキャナやタブレットなどの周辺機器を同時に1つしか接続出来ないのです。

 

そこで今回紹介するUSB Type-C HUBDock)などに外部ディスプレイやUSBに接続するガジェット...そして有線のEthernet Cableなどを接続しておきます。

 

そしてパソコンやタブレットなどにケーブル1本で接続すれば、複数の外部機器を同時に使用する事が出来る...その環境を実現する為のガジェットがUSB Type-C HUBDock)なのです。

写真で見るAnker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD Ethernet HUB

それでは今回入手したAnker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD Ethernet HUB(以下PowerExpand 6-in-1)を詳しく見ていきましょう。

 

・パッケージ

Ankerお馴染みのブルーとホワイトのパッケージです。

ひと目でAnker製品だと分かるデザインですね。

 

・付属品

内容物を出してみました。

本体の他に布製の専用袋とユーザーズマニュアルが入っていました。

 

・本体

非常にスリムで質感も良く、流石Ankerだと感じました。

 

・コネクタ

Anker PowerExpand6-in-1 USB-C PD Ethernet HUBと謳っている様に、パソコンやタブレットなどへの接続方法にUSB TYPE-Cを使うのです。

このAnker PowerExpandはパソコンとの接続用に既に本体からケーブルが出ており、その先端がUSB-Type-Cコネクタになっています。

 

その他のポートも写真で説明します。

しかし流石Anker、なんと各ポートに転送速度が書かれていました!

 

こちら側には左から[HDMIコネクタ] [USB-C DATAコネクタ] [USB-C PD Inputコネクタ]となっています。

・HDMIコネクタ 4K(30Hz)に対応しています。
・USB-C DATAコネクタ このUSB-Cコネクタのデータ転送速度は5Gbpsです。(映像出力/充電には非対応)
・USB-C PD Inputコネクタ このUSB-CコネクタはPD対応電源からの最大53Wのパススルー充電に対応しています。(データ転送や映像出力には非対応)

 

こちら側には2つの[USB Type-Aコネクタ]があります。

・USB-A DATAコネクタ この2つのUSB-Aコネクタのデータ転送速度は5Gbpsです。(映像出力/充電には非対応)

 

先端には[Ethernetコネクタ]が実装されています。

・Ethernetコネクタ こちらのEthernetコネクタの通信速度は1Gbpsです。



PowerExpand 6-in-1をiPad mini6と接続してみよう。

それではAnker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD Ethernet HUBiPad mini6に接続してみましょう。

 

PowerExpand 6-in-1のUSB-CケーブルをiPad mini6に挿す。

以下の動画を見てください。

iPad mini6USB Type-CコネクタにPowerExpand 6-in-1USB Type-Cケーブルを装着します。

するとiPad mini6の画面右上にブルーのアイコンが現れます。

これがiPad mini6にPowerExpand 6-in-1が接続出来たと言う合図です。

 

・USB-C PD inputコネクタでパススルー充電をする。

次にUSB-C PD Inputコネクタ充電器からのUSB-Cケーブルを挿します。

するとiPad mini6に給電が始まりますが、これがパススルー充電です。

 

Anker PowerExpand 6-in-1は最大53Wまでのパススルー充電に対応しています。

今回iPad mini6の充電には窒素ガリウム採用のAnker Nano II 65Wを使用しています。

 

・キーボードを繋いでみる。

今度はキーボードを有線で繋いでみましょう。

今回はKeychron K7を使用します。

Keychron K7
以下の写真をクリックするとKeychron K7の記事に飛びます。

 

動画を見てください。

 

K7ケーブルモードにしてUSBケーブルを繋いでおきます。

そしてPowerExpand 6-in-1USB-AポートにK7からのケーブルを挿せば、キー入力が可能になります。

・ポインティングデバイスを繋いでみる。

次はポインティングデバイスの接続です、今回は有線のマウスです。

(僕はキーボードやマウスの接続は当然Bluetoothを使うつもりですが、今回はテストという事で...。)

 

PowerExpand 6-in-1USB-Aポートに有線マウスを挿すと、画面に小さな丸型のカーソルが現れます。

このカーソルはBluetoothマウスを接続した時も同じです。

 

・Ethernetケーブルを挿してみる。

次はPowerExpand 6-in-1の有線でのEthernet接続テストです。

 

Wi-Fiはテストの為に事前にオフにしておきます。

 

次にEthernetコネクタにEthernetケーブルを挿します。

すると「設定」の中に通常存在しない「Ethernet」が現れます。

 

ここをクリックして中を見るとIP Addressなどが取得されているのが分かります。

次にSafariを開いてAppleHPを見てみましょう、ちゃんと表示されていますね。

有線接続なので、Wi-Fiが弱い場所でもネットの通信速度が維持されるのは助かります。

 

・外付けHDDの中身を見る。

次にiPad mini6「ファイル」アプリを開きます。

この「ファイル」アプリはiPadが外部ストレージ内のファイルに簡単にアクセス出来る様にiOS11から実装されました。

 

この状態でPowerExpand 6-in-1のUSB-Aポートに外付けHDDを挿してみましょう。

今回使用した外付けHDDはSiliconPower Armor A80と言う防水性にも耐衝撃性にも優れたHDDです。

Armor A80はIPX-7を誇り、米国防省の耐衝撃テスト基準(MIL-STD-810F)にも合格しているのです。

 

動画を見てください。

外付けHDDのケーブルを接続すると、左のバーの中に「SP PHD U3」という名が現れます。

これがAnker PowerExpandにに挿したSiliconPowerArmor A80の名前です。

 

SP PHD U3をクリックしてHDD内を表示します。

 

写真ファイルがあるのでクリックすると問題無く表示されます。

動画もクリックすると再生されていますね。

思った以上に使い易くなったiPad mini6

Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD イーサネットハブ如何でしたか?

 

今回紹介したAnker PowerExpand 6-in-1を接続しただけで、iPad mini6の使い心地が格段に向上します。

 

iPad mini6はこれでまた少し効率に仕事が出来る環境に近づきました。

 

ただ、PowerExpand 6-in-1に固定されているUSB Type-Cケーブルの長さが少し短いと感じました。

 

皆さんもUSB Type-Cコネクタの有るパソコンやタブレットに是非Anker PowerExpand 6-in-1の様なUSB-Cハブ・ドックを使って快適な作業環境を手に入れましょう。

 

回はまた違う方法で、iPad mini6をもっとパワーアップさせますのでお楽しみに。

ねわげ

追記 PowerExpand 6-in-1 の後継機種Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD

今回紹介したAnker PowerExpand 6-in-1 USB-C PDの後継機種として、Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PDAK-A83830A1を紹介します。

 

 

この機種はPowerExpand 6-in-1より少し高額ですが、かなりの高機能モデルとなっています。

 

今回のPowerExpand 6-in-1と比較してみましょう。

型番 PowerExpand 6-in-1 PowerExpand 8-in-1
カテゴリー USB-C ハブ USB-C ハブ
USB-Cポート数 2 PD対応 USB-C充電ポート x 1 + USB-C 3.0データポート x 1(5Gbps) 2 PD対応 USB-C充電ポート x 1 + USB-C 3.1 Gen2 データポート x 1(10Gbps)
USB-Aポート数 データ転送用USB-A 3.0 ポート (5Gbps) ×2 USB-A 3.1 Gen2 × 2(10Gbps)
イーサネットポート 最大1Gbps 最大1Gbps
HDMIポート 最大4K (30Hz) 対応 最大4K (60Hz) 対応
microSD&SDカードスロット 無し 有り
USB Power Delivery対応 最大65W 最大85W

以上です。

 

PowerExpand 6-in-1PowerExpand 8-in-1ポート数の違いはmicroSD&SDカードスロットの有無だけですが、上記の表の様に個々のポートの性能がかなり上がっています

 

ノートパソコンや大きなタブレットを使用される方、データのバックアップに高速なストレージを使用したい方、4K(60Hz)出力対応のパソコンやタブレットをお使いの方はPowerExpand 8-in-1の購入をお勧めします。

今回紹介した製品へのリンク

こちらが今回紹介したAnker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD イーサネットハブです。

 

こちらは後継機種のAnker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD イーサネットハブです。

USB-Cでタブレットやパソコンに接続するハブにはYottamaster USB-C ドッキングステーション9-in-1 ハブの様に、NVMe M.2 SSD搭載可能スロットを装備している高機能なドッキングステーションもあります。

(この製品は近日中にレポートします)

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事
読まれている記事