コイズミのEgg Steamerで、誰でも簡単にゆでたまご&温泉たまご三昧!

皆さんたまごはお好きですか?

 

目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツや卵焼きなどなど。

 

中でもゆでたまご温玉半熟固茹でと色々な種類がありますね。

しかしそのゆでたまご、温度と時間をしっかり管理しないとうまく作れません。

 

そこで今回は蒸気を使ってゆでやまごや半熟たまご、温泉たまごを自動で作れるコイズミのEgg Steamerを入手しましたのでレポートします。



案外面倒で手間が掛かる、ゆでたまごのバリエーション

僕の母は毎朝ゆでたまごを作ります。

 

時には半熟たまごなども作りたいらしいのです。

しかし火加減などを監視するには朝の忙しい時間では無理...大抵は固茹でたまごで我慢している様です。

鍋に水と卵を入れた写真

 

そこで今回コイズミのEgg Steamerを入手してみたところ非常に簡単に、しかも手間要らず美味しい半熟たまごや温泉たまごが出来てしまったのです!

コイズミ Egg Steamerの特徴

以下にコイズミ Egg Steamerの特徴を挙げてみます。

・1台で3つの茹で加減が楽しめる!
固ゆでたまご、半熟たまご、温泉たまごも簡単調理。
・コンロ要らずで簡単調理
ガスコンロやIHのコンロが要らない。
・ゆでたまごなら最大6個、温泉たまごなら最大3個作れます。
一度にこれだけの数が作れたら、1週間は安心かも。
・スイッチを回して硬さ調節
スイッチが見やすいので、設定を間違えにくい。

以上です。

コイズミ Egg Steamerの詳細情報

以下がコイズミ Egg Steamerの詳細情報です。

 

型番

KES-0400/S

電源

AC100V 50/60Hz

消費電力

400W

切替スイッチ

OFF/MID/HARD/温玉1/温玉2/温玉3

安全装置

温度ヒューズ 157℃

コードの長さ

1.0

本体サイズ

230(W)×110(D)×135(H)mm

質量

590g

付属品

計量カップ、掃除用ブラシ、取扱説明書(本書:保証書付)

JANコード

S(シルバー)4981747069610

希望小売価格

オープン

以上です。



写真で見るコイズミ Egg Steamer

ではEgg Steamerのパッケージや内容物を見ていきましょう。

 

パッケージです。

ゆでたまご作りの機械である、というのが一眼でわかる様なシンプルデザインです。

 

内容物です。

部品点数が少ないので、掃除が簡単だと思います。

 

これがEgg Steamer本体です。

本体上部は透明の素材で中が良く見える様になっています。

全体的に直線と曲線で美しく構成されています。

 

本体下部です。この上面に水を入れてたまごを蒸して調理します。

 

 

ティッシュボックスと並べてみました。

 

上面から見るとほぼティッシュボックスに収まる大きさです。

 

高さはほぼティッシュボックスと同じです。

 

本体とエッグスタンドです。

 

写真の様にエッグスタンドに卵を立てて使います。

 

本体側面にはスイッチ兼ゆで具合の調節目盛りがあります。

このメモリでたまごの出来上がりをコントロールするのです。



コイズミ Egg Steamerを使ってみよう

ではいよいよ実際にコイズミ Egg Steamerを使ってみましょう。

 

最初は調理時間が一番短い半熟たまご2個を作ってみます。

 

1:先ずは電源コード、長い場合には背面の溝に収めて若干の長さ調節ができるのです。

注意
安全の為に、電源コードは決して二重には巻かないでください。

 

2:電源プラグをコンセントに挿せば、主電源が入り赤いLEDが一瞬点灯し「ピー」という音が鳴ります。

 

3:計量カップに水を適量入れます。

以下の図はマニュアルのキャプチャ画面です。

作りたい卵と水の量がかなり細かく記載してあります。

 

今回は半熟たまごを2個作りますので、上の表の④まで水を入れます。

 

 

以下は半熟たまごが出来るまでの動画になります。

調理時間は10分程。動画は途中で早送りしてあります。

 

4:計量カップで軽量した水を、本体上部の水受けにこぼさないように注意して入れてください。

注意
仕上がりに影響が出るので、お湯を入れずに必ず水を入れてください。

 

5:水を張った受け皿の上にエッグスタンドを置きたまごを並べます。

Egg Steamerは作る固さによってたまごを置く位置とたまごの向きが決められています。

 

以下の図を見てください。

図-1

 

-2

固ゆでたまご、半熟たまご、温泉たまごそれぞれの個数によっても置く場所が決まっていますね。

 

半熟たまご2個なので図-1BCDEのどれかに、たまごの尖った方を下にしておいてください。

僕はCDの位置に置きました。

 

時間は1020秒ほど、半熟たまごが出来上がりました!

 



出来上がった半熟たまごを切ってみよう。

いよいよ出来上がったたまごを確認してみます。

 

Egg Steamerからたまごを取り出し、流水で冷やしました。

殻を剥いてみてビックリ、非常に綺麗に殻がスルスルと剥けるのです。

 

いよいよ切断です。

ご覧ください、綺麗な半熟卵が出来上がっていました!

温泉たまごにも挑戦!

今度は温泉卵に挑戦しました。

 

しかし温玉はかなり時間が掛かります...1個から3個作れるのですが、いずれも調理時間は約3240分。

 

動画はちょっと撮れなかったので、出来上がりの温玉をお見せします。

これも素晴らしい出来でした!

 

白身はトロトロ、黄身は味が濃くて濃厚な風味...白だしを掛けて頂きましたが、最高の味です。

これは時間を掛けてもリピートしたい味でした。

ビックカメラ.com

たまご料理のレパートリーが増える、コイズミのEgg Steamerは朝の必需品

僕は自分で作ったこんなに美味しい温泉たまごを食べたのは初めてです!

起床して直ぐに...または帰宅して直ぐにこのEgg Steamerのスイッチを入れれば、簡単に美味しいゆでたまご半熟たまごそして特別な温泉たまごが食べられます。

 

皆さんもぜひ、

コイズミ Egg Steamer KES-0400/Sで、絶品のたまご料理を食べてみませんか。

ねわげ

今回紹介した製品へのリンクはこちらです

これが今回紹介したコイズミ Egg Steamer KES-0400/S です。

他のメーカーからも色々なたまご調理器が出ています。

レンタルサーバーをお探しなら!
おすすめの記事